Supplement cysteine

proud hair care method

水を弾く髪、疎水化補完

健康な髪は、余分な水分を貯めません。

気候に左右されますが、11%~13%

それ以上の水分を健康な髪は弾きます。

ダメージした髪には穴が空きます。

その穴には水が溜まってしまいます。

ダメージが進行してくると渇きにくく、乾くとパサつくのです。
ダメージをケアするために栄養を与えますよね?

昨今の髪の栄養というと、油などのしっとりするようなものが流行りです。

しかし、髪の水分量は決まっています。

水分量を考えず、オイルなどの油分を与え、
水分過多や水分不足なケアをしてしまっている場合があります。

濁った艶、ハリコシが無い、油っぽいのにパサついている。
すべて、水分をコントロール出来ていないためです。

正しいヘアケア、ホームケアが必要です。
ボイド(穴)を油分で埋めてはいけません。

同じ素材で埋める必要があります。

油っぽくするだけでは、髪質を改善する事はできません。
時には、水分も油分も髪にとって害になります。
美しい髪にはハリとコシがあります。

髪にハリを取り戻せる成分が「システイン」や「シスチン」です。

本当のヘアサプリメントが必要です。

水をはじく髪

疎水化補完は、髪を正常な状態に近づけることが出来ます。
そもそも、動物の毛は水を多く含むようにできていません。
水に濡れたままでは、体温を奪われてしまうからです。
また、極寒の地では水を弾かなければ凍ってしまいます。
ダメージや加齢によって水分コントロールの乱れた毛髪のケアはとても難しいです。
パサつきを抑える為に、トリートメントオイルをつけると水分過多になりべたつきと膨潤がちな髪質になります。さらにオイルを付け過ぎると、油分によって水分が追い出せれてしまいます。ボイド(穴)に多量のオイルが溜まっている状態で、ドライヤーなどの熱を加えることは、まるで天ぷらを作っている事と同じ事です。
水分コントロールに大切な事は、油分よりも髪と同じアミノ酸やタンパク質です。
ボイド(穴)を埋め、水分を追い出すことが美しい髪を作ります。